12話

フリーズ

子供達を穏やか先生に移動させる事を優先させるため、私の受信を11月まで伸ばす事になる。それほどまでにミナクイの体調がどんどん悪くなる。私どころでない。
今まで一か月に一度の受診で生きて来れたのに、
毎週受診しても間に合わず、穏やか先生の本拠地まで受診しに行くことも。
私に負担がかかると同時に私自身の母にもじわじわと攻められる。
救われることは、ぽんきちさん睡眠薬を使いつつ出勤出来ている事だ。本人も、今までに比べたら日勤だけだし休みも多い。
ただ、睡眠薬だけではうまく眠れない日が多く少ししんどそうだ。

穏やか先生に相談すると不安感を抑える薬を処方してもらえた。これが、ぽんきちさんに、よく効いてると本人も自覚。
少し安心する私。

ミナクイは…症状が全然落ち着かない:(;゙゚’ω゚’):
お風呂に入ると出てこれずヘルプが入る。
そうなると湯船から出て来れなくなったミナクイを根性とガッツで掬い上げる(>□<)💦。
ささっと洗って、手早く水を拭く。
水が身体につている間フリーズする。

穏やか先生は、エビリファイだけでは足りてないから他のお薬も併用する事を提案してくれる。
エビリファイの進化版らしい。
穏やか先生は、僕を信じて飲んでくださいって言うのね〜
文献とか、勝手にネット見て嫌がって飲まない選択をする人もいるんだろうなぁって思ったな。

穏やか先生は、信じているし、文献も読んで飲ます。
数日様子を見て、なんだか効いてるみたいだ。

⬆11話魔法の言葉

⬇13話カッター

ホームに戻る

【まずは半年ブログ】に戻る