15話

繋げない距離

まだ半袖だったと思う。ある夜遅く。

ミント「母さん、コンビニに行きたい(◞‸◟)」
突然の依頼。 確か夜中に近かったと思う。

私は、何かとても意味のある言葉に感じて、
母「じゃ、歩いて行く?」
ミント「うん!歩いて行きたい!」

コンビニは、少し高台になった橋の向こうに徒歩5分ほどだ。
夜中のいいお散歩になりそうだ。
もちろんお天気も悪くなかった。

ミントがポツリポツリと言葉を溢す。
いつものミントの声だけども、どこか心も奥から出しているようなつぶやき。

うん…うん…としか返事のしようがない言葉達

ちょっとお菓子とジュースを買って。

行きも帰りも手はすぐそこなのに繋げれない手

彼女の悩んでいることがどこにあるのか。
どこか掴めず。

けど、彼女は確実に何かに悩まされている襲われるように。
だけど。助けてあげられない。

出番だ。黒猫リン子。
リン子にしか出来ない何かに縋る。母は、待つしか出来ない。

⬆14話猫の手を借りる

⬇16話ラピュタに乗り込む

ホームに戻る

【まずは半年ブログ】に戻る