24話

コメントはまだありません

有料か無料か

年始のお休みが終わる頃ぽんきちの鬱が表面化し始める。
眠れないしイライラしている。
休みが明けたらそのまま休職の方向に話を勧めてみる。
なかなかうんと言わないぽんきちさん。

そうこうしていたらミナクイにぽんきちさんのイライラが反映していた。
ミナクイは、自分じゃなくても不調の人が居ると自分の事のようにきになるのだ。

片付けをしていても私から離れず側で寝転んでいたミナクイが
小さな音で
『パンッ』と手を叩いて合図をしてきた。
何かあったら手を叩いてねって取り決めていたのだ。
慌てて近づく、

ミナクイ『救急車って有料?」
発した言葉に愕然とする。
どうやら身体がどこも動かないらしい。
速やかに救急車を呼ぶ。
なにがどうなったか全くわからないが、一大事だ。
到着した救急車に準備をして乗り込む。

しかし、運ばれた先でだんだんと動き出す身体。
ぽんきちと距離をとったことでフリーズが解けたということか。

これがお風呂ではないフリーズの始まりだった。
フリーズが解けなんとか動けるようになったことで、
病院に一時待機したものの、コロナの関係でそのまま返される。
その時はまだフリーズがよく解っていなかったので心配をするばかりだったけれど、今後フリーズとの戦いが始まる。

そんな大騒動の中でもぽんきちさんから出る言葉がおかしい。
私はこれをきっかけにぽんきちに休職を強くお願いする。

ぽんきちさんは自身の不安感で家族の事を考えられないのじゃないのかなぁ。
本人も限界を感じていたのかようやく休職に踏み切る。
まずは有給休暇の消化だ。10日ある。穏やか先生に相談するまで日数もある。これでぽんきちさんも安心するだろうと思ったのだ。

⬆23話優しい子

⬇25話最終章

ホームに戻る

【まずは半年ブログ】に戻る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中