(26)

コメントはまだありません

チャンスを逃さない

いつもは1キロ全速力走るミナクイが、距離則アプリで測って、
ミナクイ「よっし!1500超えた!一回超えたら下げれないからね。やるしかないね。」

走って鬱がどこまで治るのか、確信はないけれど、体力がつくのは絶対にいい。
頑張れミナクイ。

私はというと、絵の先生に噛みつかれてからずっと無音の世界。今までは音楽に励まされてずーっと聴いてたのに、
今回は音楽も違う。
唯一車で聴くなら
米津玄師さんのかいじゅうずかんに一曲だけ入ってる〃love〃
を静かに繰り返す。

昼から学校で作文を清書して、明日の卒業式の段取りを聞く。

学任担任の先生が、「一年間よく頑張りました。高校でも自分のペースで体調を良くしていけるといいですね」
と、最後の言葉もいただいた。
受験とは違う意味での苦労の一年。解ってもらえてると感じて嬉しかった。

目眩と吐き気から始まって、これさえ治ったらと半年待って、そこからのフリーズ地獄。
その間にミナクイは、ものすごく成長した。

学校生活に追われている間成長する間がなかった部分がグンと伸びた。

自閉症とADHDを持ってることに早く気がついたとしても、
ミナクイのように軽度であれば普通級にいるしかない。

私の場合、みんなにはついていけなくて、ついていってるフリをして中学を卒業した。平気なフリをしていた。
普通の子が羨ましいなぁと思いながらもどうにも出来なかった。

ミナクイやミントには、これからは適応した場所で援助を受けながら成長していってほしい。

ミナクイの行く高校は、その辺の配慮がある。
ミンちゃんはどうするかなぁ。

夕飯を終えて、相変わらずの私を多分ミナクイは、支えにきてくれたんだろうな。

私「今回は、音楽も支えにならないんだ。ただただ無音。
する事も手につかないからブログがどんどん進んで、昨日のとこまで一気にかけた。(*´-`)」

ミナクイ「無音ね、わかるよ。どうしていいかもう何もないんだよね。」

そっか。ミナクイも同じような気持ちになった時があったんだね。

ミンちゃんがファイルを持ってきて、
ミント「描いた絵って、みんなに見てもらうといいんだって」と、開けて見せてくれた。

ミントは一年間、イラストを描き続けた。
心が凍ってる間もずっと描き続けて、
本当に上手になった。
ミンちゃんはアイデアがどんどん浮かぶからそれを描き出したい衝動にかられるみたい。
それと歌。音楽がとても好きでいい曲をいっぱい知ってる。

ふと、私に気持ちが下りてきた。

私「ミナクイ、後三日待って、絵の先生にもう一度メールしてみる。
それで受け入れてもらえなければ、それだけの事だ。
諦めて別の先生を探す。身近にいなければ60キロ離れた大きな街なら勉強する場がある。」

ミナクイ「そうだ。絶対チャンスは来るから。見つけたチャンスを逃さなければいい」

沈みきっていた私ほんの少し浮上した。

⬆(25)願書

⬇(27)ここはリングの出番だ!

ホームに戻る

【近況ブログ】に戻る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中